整形外科

整形外科とは?

整形外科

整形外科とは人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門です。背骨・手・足など全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する学問です。
そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を回復させることを目的とします。不幸にして運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも整形外科の大きな役割であります。
この際リハビリテーション医療の協力が必要なこともあります。又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事であります。  

●整形外科の治療は手術による場合だけでなく、手術をしない保存的な治療も多く行なわれます。当院では手術しないで済むように可能な限り努力致します。       

●整形外科という診療科は、整骨院(接骨院)とは全く異なります。整骨院は柔道整復師という人達が行なっている施術所のことです。整形外科は当然のことながら医師が行なう診療科です。  

●整形外科はよく形成外科や美容外科と混同されます。形成外科は体の醜形(生まれつきのものやヤケド・ケガなど)を治すのを主たる目的とする医学の一分野です。美容外科は、主として形成外科医が行なう診療科です。 

対象となる症状

顎関節症
頸椎神経根症、頚肩腕症候群(変形性頚椎症、頸部椎間板ヘルニアなど)
むち打ち症
筋緊張性頚肩部痛
肩関節周囲炎(五十肩)
胸郭出口症候群
肘関節痛(ゴルフ肘、テニス肘)
手根管症候群
腱鞘炎
肋間神経痛
肋骨骨折
胸椎圧迫骨折
筋筋膜性腰痛症、ギックリ腰
神経根部型坐骨神経痛、馬尾神経型坐骨神経痛(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)
変形性股関節症、変形性膝関節症
足関節炎、アキレス腱周囲炎
痛風
慢性リウマチ
など